研究結果から見えた一筋の光【大腸がんや子宮頸がんの原因や予防法】

病院に診断に行く前に

医者と看護師

子宮頸がんの疑いのある方は、まずは病院で診断してもらうことが大切です。病院に行く際には健康保険証を忘れないようにしましょう。日本は国民健康保険の制度が充実しているため、保険料さえ納めていれば、医療費を格安に抑えることができます。もし病院で子宮頸がんの診断を受けて保険料がなかったときは、医療費の全額負担ということにもなりかねません。近年、健康保険証はサイズ自体が小さくなって持ち運びやすくなったので、財布などに入れて常に持ち歩くようにしましょう。また、常に携帯していくようにすれば、事故などに遭って緊急で手術するようなことになっても安心です。また病院では診断の際に、どこが痛むのかなどの質問をお医者さんから聞かれることがあります。これに正確に答えられるように、症状をメモするなどして持っていきましょう。もし症状が日によって変化するなら、日付別にどのような症状があったのかを書いておきましょう。医療器具が発達している現在は、器具を使えばある程度の病気は診断することができます。しかし、お医者さんにとって患者の声もとても大事なものなので、患者から直接どのような痛みがあるのかを聞いておくことは重要なのです。適切な治療法を選ぶためには、正確な診断が必要なので、できるだけ自分の症状を言えるようにしておくといいでしょう。また、病院に行くほどの激しい痛みなら、自分の声で症状を訴えることは難しいかもしれません。そのため、あらかじめメモなどをしておくと、それをお医者さんに渡すだけでいいので効率的ともいえるでしょう。