研究結果から見えた一筋の光【大腸がんや子宮頸がんの原因や予防法】

関節の痛みが激しいときは

看護師

リウマチの痛みとしては関節痛が有名ですが、体全体の骨や筋肉に痛みが拡散されることがあります。また、世田谷自然食品の健康食品などで痛みを緩和することもできますが、根本的な治療がしたいのなら、病院に診断に行きましょう。

詳しくはこちら

ストレスが原因の病気

女性

自律神経失調症はストレスなどが原因で発生する病気で、自分では気づかないことが多いとされています。症状としては冷え症や食欲不振、心臓や息の苦しさなどがあげられ、これらが当てはまる場合は、病院で診断してもらうことが大切です。

詳しくはこちら

生活習慣を改善しよう

病院

日本人の死因として代表的な病気がガンですが、そのなかでも大腸がんは近年になって発生率が増加したとされています。その理由は、食生活が急速に欧米化したことだとされています。明治時代以降、着実に西洋料理を食べる機会は増えていきましたが、それでも一般庶民は和食が中心でした。しかし、戦後の高度経済成長期以降、日本人の食生活は多様化し、西洋料理が一般家庭の食卓に並ぶ機会が増えたとされています。日本人はもともと牛肉や豚肉はほとんど食べませんでしたが、最近ではこれが主食となってきています。これらはカロリーが高く、大腸に便となって留まる時間が野菜や米と比較すると長くなっています。便が長時間も大腸に存在することで、便に含まれる発がん性物質が大腸に転移し、大腸がんの原因になるとされています。これはあくまで一部の研究結果なので、全ての日本人に当てはまるわけではないですが、もし大腸がんを避けたいと感じている方は、できるだけ米や野菜をバランスよく摂取することが大切です。また、このようなバランスがいい食生活は栄養学の観点から見ても健康的なので、できるだけ継続させていくことが病気を防ぐ有効な手立てとなります。また、これも大腸がんに限ったことではないですが、喫煙や過度の飲酒もガンの原因となります。タバコが内臓への影響が多きことは有名ですが、特に肺や胃などといった内臓類には悪影響をもたらしやすいとされます。急に禁煙するのは難しいとしても、少しずつ量を減らしておくことがガン予防の第一歩となります。飲酒はほどほどならいいですが、過度な飲酒を続けると糖尿病の原因にもなります。休肝日をつくるなどして、適量の飲酒を楽しむようにしましょう。研究結果から見えた一筋の光に無駄にしない為にも、研究員達は日々努力をしています。私達も病気になりにくい身体作りに励んでいきましょう。

病院に診断に行く前に

医者と看護師

子宮頸がんの可能性がある方は、病院に行って診断してもらうことが大切です。そのときは、健康保険証は確実に持って、忘れないようにしましょう。また、自分で症状を伝えるときのため、症状のメモをしておくといいでしょう。

詳しくはこちら